東京の七福神めぐり2022|江戸最古の七福神めぐり「谷中七福神」

江戸・東京で最古の七福神めぐり「谷中七福神」は、東覚寺・青雲寺・修性院・長安寺・天王寺・護国院・寛永寺(不忍池辯天堂)の7つの寺院を御朱印をいただきながら巡礼する新春開運行事です。御開帳期間は1月1日〜1月10日で、七福神が描かれた和紙に福禄寿・恵比寿神・布袋尊・寿老人・毘沙門天・大黒天・辯才天の御朱印を各寺院で賜ることができます。田端駅から上野駅にかけて2〜3時間で気軽に巡礼できるのも嬉しいポイント。江戸時代に始まったお正月行事が現代に受け継がれ、時代を超えた厚い信仰心を感じながら参拝してみてはいかがでしょうか。

いかがでしたか?
今回ご紹介した寺院以外にも、東京都内にはパワースポットがたくさんあります。あなたのおすすめのパワースポットをみつけた場合はぜひRecoSche(レコスケ)に投稿してみてください!