エジプトの考古学資料や縄文・弥生時代の土器など貴重な資料を見学できる無料の展示室

滞在時間の目安:
~30分
金額の目安:
0円

最終更新日:2021年7月11日

考古学・民族資料常設展示_1
考古学・民族資料常設展示_2
考古学・民族資料常設展示_3
考古学・民族資料常設展示_4
考古学・民族資料常設展示_5
考古学・民族資料常設展示_6
考古学・民族資料常設展示_7
考古学・民族資料常設展示_8
考古学・民族資料常設展示_9
?? / ??
考古学・民族資料常設展示
東京都新宿区早稲田鶴巻町516
大隈記念タワー(26号館)10階 125記念室
営業日:
常時営業(休業日は除く)
営業時間:
10:00〜17:00
休業日:
水・不定休
備考:
公式サイトで開館スケジュール要確認
※上記は最新の情報ではない可能性があります。事前にご確認のうえご利用ください。なお、誤りのある情報や不適切な内容を見つけた場合は、お手数ですが お問い合わせ よりお知らせください。

早稲田大学の発掘調査によって発見された考古学・民族資料が、大隈記念タワーの125記念室にて展示されています。エジプトや中南米・東南アジアをはじめ、日本国内の縄文遺跡や古墳などから発掘された貴重な資料が無料で公開されているので、ぜひとも足を運んでいただきたいスポットです。また、寄贈されたアフリカ・オセアニア地域の民族資料や、青銅器・アイヌ民族資料・石器などの貴重なコレクション群も見応えがあります。入館料は無料で自由に見学可能ですが、月によって休館日が変更になる場合があります。開館スケジュールは公式サイトで確認してくださいね。